Welcome to Our Company
株式会社テクノエーピー 放射線・放射能測定装置 設計・開発・販売
TEL: 029-350-8011 FAX: 029-352-9013 tap@techno-ap.com
ホーム 製 品 サポート 注 文 放射線計測 会社情報 求 人

 陽電子寿命測定装置
材料分野の半導体の空孔型欠陥の測定などで用いられている陽電子寿命測定に必要な計測及び電源機器をまとめ、一つの装置としました。
陽電子寿命測定(Life Time)では、2台のBaF2(フッ化バリウム)シンチレータからの高速パルス信号を3GSPSで取り込み寿命時間を算出します。
陽電子消滅同時計数ドップラー広がり測定(CDB:Coincidence Doppler Broadening)では、2台のGe半導体検出器からコインシデンスを取り、それぞれの波高値から2次元ヒストグラムを生成します。
さらにこれらの機器の組み合わせにより、寿命と運動量の相関をとるAMOC(AMOC:Age-momentum correlation)測定も実現しました。
BaF2シンチレーション検出器及びGe半導体検出器用の4CH分の高圧電源モジュールとプリアンプ電源モジュールも搭載しております。各モジュールへの設定及びデータの読み込みは、PCにインストールされた陽電子寿命測定装置用アプリケーションからネットワーク経由にて行います。


1.外観
(1) 時間分析用スペクトルメータモジュール
高速3GHzADCをCH毎に採用した時間分析用スペクトルメータです。BaF2シンチレーション検出器からの信号を入力します。時間差分析DSP機能を内蔵しております。

(2) DSPマルチチャネルアナライザモジュール
ガンマ線スペクトロスコピー用デジタルシグナルプロセッシング(DSP)機能を搭載したマルチチャネルアナライザです。Ge半導体検出器からのプリアンプ出力信号を直接入力します。サンプリング100MSPS、ADCゲイン最大8192となっています。

(3) プリアンプ電源モジュール
Ge半導体検出器用プリアンプ電源です。D-sub9ピンコネクタから±24V(50mA)と±12V(50mA)を供給します。コネクタのピン配置はNIM規格準拠です

(4) 高圧電源モジュール
BaF2シンチレーション検出器2台分、Ge半導体検出器2台分の高圧電源です。CH1とCH2はGe半導体検出器用で最大定格+5000V(または-5000V)、CH3とCH4はBaF2シンチレーション検出器用で最大定格-4000Vです。コネクタはいずれもSHVコネクタです。

(5) VME電源ラック
VME規格の7スロット電源ラックです。AC100V、最大300W。各モジュールに電源を供給します。

※この他に、BaF2シンチレーション検出器とGe半導体検出器と、アプリケーションを実行するためのPC、PCと各モジュールをLAN接続するためのスイッチングハブが必要となります。



2.測定モード  5つの測定モードがあります


(1)Life timeモード

Life time(LT)モードは、BaF2シンチレーション検出器2台を同時測定して、2つの波形の立ち上がりの時間差をとり、陽電子寿命測定をするモードです。


Life timeモード構成図

Life timeモード画面



(2)waveモード

waveモードは、BaF2シンチレーション検出器2台からの波形を測定するモードです。


waveモード構成図

waveモード画面


(3)energyモード

energyモードは、Ge半導体検出器2台からエネルギースペクトル測定をするモードです。


energyモード構成図

energyモード画面



(4)CDBモード

CDB(CDB:Coincidence Doppler Broadening)モードは、Ge半導体検出器2台の同時計数をとりそれぞれの波高値をとること、陽電子消滅同時計数ドップラー広がり測定をするモードです。


CDBモード構成図

CDBモード画面



(5)AMOCモード

AMOCモードは、BaF2シンチレーション検出器2台とGe半導体検出器1台の同時計数をとることで、陽電子寿命-運動量相関測定をするモードです。


AMOCモード構成図
 
AMOCモード画面


Copyright 2014 TechnoAP All right reserved.  Last Update 2015/04/10